自由民主党衆議院議員 茨城県第2区 ぬかが福志郎

ぬかが福志郎の政策について

  • 国政に関して ぬかが流、ニッポン再改革。
  • 県政に関して ぬかが的、いばらき郷土愛。

県政に関して ぬかが的、いばらき郷土愛。

交通網の整備が茨城を変える

茨城県は首都圏にも関わらず交通インフラに開発の余地があります。特に荒川、利根川、そして霞ヶ浦に代表される河川に橋を建設することは飛躍的な発展へと繋がります。さらに、東関東高速道路の建設などの陸路の整備を行わずして、茨城の基本的な交通インフラは構築できないと考えております。抜本的な交通網の改革が茨城県と日本の都市間を効率的に結び、県民の暮らしを豊かにし、茨城の発展に繋がるのです。

農業立県として国家貢献

豊かな大地に恵まれた茨城。北限であるミカンや南限のりんごなど多種多様な農作物の生産が可能です。農業従事者が主動となる農業のあり方。トップダウンからボトムアップの農業体制を構築することで、後継者育成や農業環境の充実、さらに食料自給率の向上を促進します。豊富な資源を活かすことは、地勢を活かすこと。茨城の農業活性化が、日本の食料安全や自給率を支えていきます。

科学技術と教育の一流県へ

茨城には世界に誇れる工業インフラがあります。鹿島工業地帯やつくば学園都市などの科学技術を活かし、次世代を支える21世紀の内なる産業を創出。加えて、医療関係や教育環境のインフラも整備していきます。国外や他県からその技術や教育を求めて、人材と資本が流入する社会環境を地域の人々と共に構築していきたいと思います。